ご利用者様とそのご家族に寄り添う看護
ご利用者様とそのご家族に寄り添う看護

看護師・理学療法士・作業療法士 ~プロがしっかりとサポート~

愛知県稲沢市にございます「有限会社ウェルネス.」では、訪問看護/訪問リハビリに対応しております。

「理学療法士」「作業療法士」が在籍しておりますので、看護のみではなくリハビリにも対応できることが当事業所の特徴です。

「ご利用者様と、そのご家族に寄り添う」をモットーにスタッフ一同、日々励んでおります。

ご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

只今、看護師/理学療法士/作業療法士/言語聴覚士などのスタッフも募集中です。

  • >求人募集要項についてはこちらをご覧ください。
  • 新着情報

      2017.11.28.

    • こんにちは、理学療法士の北浦です。第22回小児領域の地域リハビリテーション公開講座の2回目(11月12日)の講座に理学療法士の山田(恵)、山田(幸)、千田、北浦の4名で参加してきました。今回のテーマは、「セラピストの視点による重度心身障がい児・者へのサポート」でした。前回は医師・看護師からの視点でしたが、今回はセラピストの視点だったため、より自分と置き換えて考える事ができました。理学・作業療法士3名の先生方からいろいろお話をいただきました。姿勢や呼吸ケアについての機能的なアプローチや症例検討を通しての問題提起、人生をどう有意義に過ごしていけばよいのかといったお話がありました。今回の講義を受けて身体面だけでなく精神的なサポートや環境面のサポートが重要であることを学びました。私が関わっている利用者様及びご家族から上記についての相談をされたことがあります。日常生活における不安に対して的確なアドバイスを多角的にできるように頑張っていきたいと思います。また、各職種間の連携の重要性も学びました。今後、地域ケア会議等の情報共有の場が増えてくると思うので、各職種間で連携を取り利用者様が有意義な生活をおくれるよう質の高いサービス提供ができたらよいと思います。まだまだ勉強不足なので、また来年もこの講習会に参加したいと思います。

      2017.12.19.

    • こんにちは、看護師の江口です。

      11月21日に難病講習会に参加してきました。

      とても専門的な内容で刺激的な時間を過ごす事が出来ました。

      特に慢性活動性EBウイルス感染症の講義では、EBウイルスの診断の難しさ、症状の多様性等勉強になりました。

      最近よく耳にするEBウイルスですが検査が保険外という事には驚きました。少しでも早く保険適応になって欲しいと思いました。

      2017.11.24.

    • こんにちは。理学療法士の千田です。

      先日、第22回小児領域の地域リハビリテーション公開講座に理学療法士の山田、北浦、千田の3名で参加してきました。

      今回のテーマは、「医師・看護師の視点による重度心身障がい児・者へのサポート」というものでした。

      午前中は豊田市こども発達センターの三浦センター長による「重心児・者の生活を支えるための医療と教育・福祉分野との連携」という内容の講演を聞きました。愛知県の実態調査結果や医学的に見た重心児・者の特徴、重心児・者以外に医療的ケア必要児・者や(小児)在宅医療対象者の現状等を講義して頂きました。以前と比べると胃ろうや気管切開・人工呼吸器装着児・者の方々が地域の支援センターや学校に通われることが増えおり、今後もさらに増えていく事になるそうです。また、寝たきりではない歩行可能な胃ろうや気管切開・人工呼吸器装着児・者の方々も増えてきているのが現状との事でした。今後は、医療・教育・福祉分野で連携をとりながら、重症心身障がい児・者の方々をサポートしていける体制を整えていくことが必要になってくる様です。小・中学校における医療的ケアに関する調査結果では、全国では大阪が先端を進んでいるそうで、愛知県はまだまだな様でした。

      午後からは、あおぞら有床クリニック 訪問看護ステーション 虹とり の和田看護師さんのよる「重心児・者の在宅生活を支える医療的ケア」について実際の現場の様子を講演して頂きました。ご家族にも協力して頂き、車椅子のクッションを作製したり、人工呼吸器の加湿を使用されている方に、温めることで結露を減らせるよう、回路のまわりに断熱シートを入れた布でカバーを作製してもらったり、吸引カテーテル入れを作製して頂いたりと、実際の事例も教えて頂きながらお話しをしてもらいました。

      小児の現場の様子や現状、制度について様々な分野の方々の講演をプログラムに入れて頂いており、勉強になる研修です。毎年2~3回開催されており、次回は、11月に参加予定です。

      2017.08.01.

    • こんにちは。理学療法士の山田です。

      ブルーポピーの食事会(夏の飲み会)

      この夏も、スタッフの家族と一緒に飲みました。食べました。

      今回も60名を超える参加。

      子ども達もみんな大きくなってます。0歳~社会人まで集まってくれました。

      小さかった子供たちも、大学生・社会人になり、スタッフも高齢化?(笑)

      年齢と共に、知識・技術にさらなる磨きをかけて、頑張ります!

      2017.07.13.

    •  

      こんにちは、理学療法士の北浦です。

      先日、稲沢市在宅医療・介護連携推進協議会総会及び第5回研修会に参加してきました。

      稲沢市の在宅医療・介護における今後の取り組みにおいては、地域における各施設・職種間の連携を強化していく事が重要であり、その手段の一つとして「なおいネットいなざわ連絡帳」というインターネットによる情報共有ツールを採用していく予定とのことでした。

      研修会ではロコモティブシンドロームとその予防について話を聞きました。運動の必要性について再認識させられました。評価法についても教えて頂き、今後機会があれば評価し、予防につなげていきたいと思います。

      講義とは別に他職種の方々と症例検討もグループワークという形式で行いました。医師や歯科医師、薬剤師、栄養士、ケアマネージャー等の方々がみえ、普段お会いする機会の少ない方たちと意見交換ができ、とても有意義な時間でした。自分だけでは気付けない的確な意見が多く聞けました。これからもこのような研修会があれば積極的に参加し、地域の一員として少しでも地域の方々を支えることができればと思います。

      2017.06.23.

    • こんにちは。理学療法士の千田です。

      今年も運動会の季節がやってきました!

      5月末に行われた特別支援学校の運動会に行ってきました。

      お家の姿とは違う雰囲気のみんなの姿をみれて嬉しいひとときでした。

      同じ競技の中でも昨年より移動距離がのびている姿や競技に集中しいている姿、競技が1つ上の学年に変更になった姿などをみていると成長を感じられ、私まで嬉しくなりました!!

       

      2017.06.12.

    • こんにちは。看護師の畠中です。

      第2回 西部医療センター 小児在宅支援会

      先日(少し前になってしまいましたが・・・(笑))、西武医療センターにて、第2回小児在宅支援会あり、理学療法士(山田)と看護師(畠中)の2名で参加してきました。

       

      最初に、西部医療センターの村松小児科部長による「小児の呼吸管理」の講演がありました。小児科の2次救急としては人員不足により24時間体制がとれないが、ハイリスク(気管切開・人工呼吸器・在宅酸素・経管栄養・頻回のけいれん・インスリン使用・副腎ホルモン使用・IVH)の患者さんを登録した緊急時対応リストを作成して24時間対応されているそうです。

      続いて、「人工呼吸器管理を要する乳児の在宅移行支援」をテーマとした意見交換会(グループワーク)が行われました。内容としては、西部医療センターと訪問看護ステーションの連絡体制について、①連絡方法(手段)・内容・時期②必要な情報、連絡用紙③家族指導以上の点について話し合いました。

      いつもとても有意義な支援会で、勉強になっています。

       

      2017.04.04.

    • こんにちは。理学療法士の千田です。

      先月、第3回東海三県小児在宅医療研修会があり、看護師(畠中)と理学療法士(千田)の2名で参加してきました。

      毎年12月に開催されている小児の研修に2人で参加していましたが、今回の三県合同の研修には初めて参加させて頂きました。

      テーマは「障害児者の在宅支援と施設の役割」というものでした。

       

      2017.03.16.

    • こんにちは。理学療法士の山田恵です。

      名古屋医療センター 医療連携交流会

      先月、名古屋医療センター 医療連携交流会があり、看護師(川合)と理学療法士(山田)の2名で参加してきました。

      前半は、名古屋医療センターの物忘れ外来の紹介と、国立長寿医療研究センターの鷲見先生による講演でした。

      テーマは「認知症の人を地域で支える~多職種で認知症を診る~」というもの。認知症初期集中支援チームが動き始めていることや、認知症サポート医の不足等、これからの支援に向けての方向性や課題について学ぶことができました。

      お楽しみの後半は、食事をしながらの交流会です。

      名古屋医療センターの先生方やスタッフの方々、地域の開業医の先生方や訪問看護スタッフ等で、名刺交換したり、地域の悩みをうち明けあったりと、おいしいお食事とともに和やかに過ごすことができました。

      名古屋医療センターの方々のご尽力に感謝申し上げます。

      写真は、交流会の会場の様子です。

      訪問看護の席は、ビュッフェのごちそうのそばで、うれしかったです。(笑)

      2017.02.20.

    • こんにちは。理学療法士の山田です。

      ブルーポピーの食事会(飲み会)

      年に2回、ブルーポピーでは、スタッフの家族を交えての食事会があります。

      今回もビュッフェスタイルでの食事会で、総勢60名となりました。

      家族の支えあってこその私たち。

      ご主人や奥様、子供さんたちを交えての食事会は毎回とっても楽しみです。

  • ご挨拶
  • スタッフ紹介
  • 男性スタッフ/女性スタッフともに在籍。

    日々の申し送りも徹底し、スタッフ一同で、ご利用者様をサポートさせていただきます。>詳しくはこちら

  • 会社概要/お問い合わせ
  • ブルーポピー日誌
  • 日々の出来事や、お知らせなどをブログ形式でご紹介しております。

    マイペースに更新いたしますので、ぜひご覧ください。>詳しくはこちら

    採用情報 -募集要項-

    只今、求人募集中です。ご質問などお気軽にお問い合わせください。

  • 募集要項
  • どんな仕事? -説明会実施中-

    求職者の方に向けた「お仕事説明会」を随時、開催しております。

  • 説明会実施中
  • 求職者の方へ

    当事業所の目指す「訪問看護」「訪問リハビリ」についてご説明しております。

  • 求職者の方へ
  • 業務内容

    理学療法士/作業療法士が在籍しておりますので、リハビリにも対応可能です。

  • 業務内容